本文へスキップ

WELLCOME TO SHINGU HIGH SCHOOL

『質実剛健・文武両道・伝統の継承と創造』

    「知・徳・体」を磨き、自らの可能性を逞しく切り開く

学校概要school concept

校長からのメッセージ

 

新宮高校の
   ホームページを
      ご覧くださり
         ありがとうございます。


   
校 長  前 田  成 穂

ごあいさつ  平成30年 4月  校長 前田 成穂

 ご挨拶
                                校長 前田 成穂
 新宮高校のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。

 本校は、明治34年(西暦1901年)に開校し、旧制新宮中学校、旧制新宮工業学校、旧制新宮高等女学校から数えると創立117年を迎え、3万5千人超の有為な人材を世に送り出した伝統ある学校です。戦後の学制改革で新宮高等学校となってからも70年が経過しようとしています。
 和歌山県南部、とりわけ新宮・東牟婁地方において長きにわたり地域の教育や文化の中心として位置づけられており、戦前は当地方の最高学府の意味を込めて「熊野大学」とも呼ばれていました。

 輩出した卒業生の中には、電波天文学の開拓者 畑中武夫 博士、望郷の詩人 佐藤春夫 氏や芥川賞作家 中上健次 氏、日本の抽象画の先駆者 村井正誠 氏、大相撲の久島海啓太 関、野球選手の前岡勤也 投手や藪恵壹 投手等がいます。政治・経済、医療、科学技術、教育、芸術・文化、スポーツ等さまざまな分野で、本県のみならず、日本さらには世界を舞台に活躍されています。  

 本校は、新宮市のシンボル神倉山の麓、磐盾山下に位置し、約50,000uの広大で緑豊かな敷地の中にあります。約40,000冊の蔵書を誇る図書館、最新の機器が整備された情報処理教室、宿泊・課外活動棟として利用できる「彩雲館」、体育館や武道館など充実した施設設備を有しています。
 
 校訓は、「質実剛健」です。これは、「飾り気がなく、まじめで強くしっかりしていること」という意味です。「強く」というのは、決して屈強な体だけをいうのではなく、心優しく相手をいたわれる優しさも併せ持つことを表しています。こうした生徒をはぐくむため、教職員は、情熱を持って生徒の自覚を促し、成長をしっかりと支える教育活動を行っております。  

 現在、全日制課程では、週あたり65分×24コマ+LHR、総合的な学習の時間(各50分)の授業を行っていますが、次年度から45分×35コマを基本にしつつ、授業時間を確保する観点から、適宜50分授業を組み合わせながら、生徒一人一人の進路希望を叶えられるよう努めてまいります。また、放課後や長期休業等には補習を行い、確かな学力の伸長をめざしております。学習環境については全HR教室にエアコンを設置し、季節にかかわらず、生徒が授業等に集中できるようにしています。
 
 クラブ活動については、体育系が16クラブ、文化系が12クラブあり、多くの生徒が限られた時間の中で仲間とともに切磋琢磨し、日々技術や能力を高め合っています。その結果、全国大会や国体、近畿大会等にも多くの生徒が個人や団体で出場しています。  

 また、定時制課程も併設しており、生徒一人ひとりの個性を生かす教育を実践し、社会的に自立できるよう丁寧な指導・支援を行っています。また、3年間で卒業できる三修制のコースもあり、多くの生徒が働きながら勉学に取り組んでいます。  
 結びに、生徒・保護者はもとより、地域からも一層信頼され、生徒に夢や希望を与えられる学舎となるよう、教職員とともに直向きに努力する所存でおります。本校のこれからの教育活動に、より一層のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

   平成30年4月


彩雲祭の開催に寄せて  平成30年 9月  校長 前田 成穂

                彩雲祭の開催に寄せて

 さぁ、第25回「彩雲祭」の始まりです! 今年度のテーマは「平成最後の青春劇」です。
 生徒の皆さんは、平成に生まれ育ってきましたが、平成31年4月30日を持って、平成の時代は幕をおろし、新しい元号が誕生することになります。平成の最後にふさわしい、皆さんの心に残る青春劇を共に演出しましょう。

 彩雲祭は、それぞれの学年、クラス、クラブで取組は異なるものの、皆さんの知恵や工夫によって新しいものを創造し、自らの技術や能力、感性を高めることのできる最高の機会です。生徒会執行部や彩雲祭実行委員会が主導して、彩雲祭の準備がそれぞれ着実に進められていることと思いますが、この準備段階が一番大変で苦労するものです。各クラス、クラブの仲間とともに自由闊達に意見を出し合い、自分たちにしかできないパフォーマンス等を披露してくれることを期待しています。
 
 また、文化クラブの皆さんにとって、彩雲祭は日頃の練習成果を発表する絶好の舞台の一つです。本校の生徒のみならず、振学会(保護者)や同窓会、地域の方々にも、自分たちが高校生活で培った技術や能力をしっかりとアピールできるよう頑張ってください。
 
 ドイツ生まれで、相対性理論を発見した物理学者のアルベルト・アインシュタインは、次の言葉を残しています。

 In the middle of difficulty lies opportunity.
    (困難の中に、好機がある)


 クラスやクラブの仲間で話し合ったり、練習したりする中で、思い通りに進まず、悩む時が来るかもしれません。そんな時、やけを起こしたり諦めたりするのではなく、”今こそ考えて行動するときだ。必ずチャンスがある”と思い、仲間と議論を重ね、互いに切磋琢磨しながら、課題に立ち向かっていくことが大切です。生徒諸君、君たちには、その力が必ずあるはずです。壁にぶつかり挫折することがあっても、皆で力を合わせて課題を乗り越え、心から喜び合える文化祭にしてください。それが、まさに”青春”なのです。
 
 また、同窓会や振学会の皆様、食品バザーや図書館での作品展示など、彩雲祭を盛り上げるために、ご尽力いただき誠にありがとうございます。そして、本校にお越しいただいた地域の皆様、生徒たちが直向きに取り組んでいる姿や活動、展示作品等をご覧になっていかがでしょうか。こうした本校の生徒の頑張りについて、励ましのご意見等を頂戴できれば幸甚でございます。
 
 結びに、彩雲祭の成功に向け、一生懸命に企画準備してくれた生徒会執行部、彩雲祭実行委員会をはじめとする生徒諸君に敬意を表するとともに、同窓会や振学会の皆様の献身なるご協力・ご支援に対し、衷心より感謝申し上げ、挨拶といたします。
 
   平成30年9月7日
                        校長 前田 成穂

本校の理念・教育方針

本校の理念と教育方針 − めざす学校像・めざす教育・めざす生徒像

めざす学校像

  「地域から信頼され選ばれる学校づくり」
   1 学びを大切にする学校
   2 生徒と向き合う学校
   3 開かれた学校

めざす教育

   
1 教育理念
     校訓:「質実剛健」 校是:「文武両道」

   2 教育目標
     (1) 知・徳・体バランスのとれた人間形成
     (2) 次世代に活躍できるリーダーの育成
     (3) 不易流行 ー 良き伝統の継承と新しい伝統の創造

   3 教育方針
     (1) 確かな学力の向上による進路実現
     (2) 健康の増進、体力の強化
     (3) グローバル人材の育成
     (4) 豊かな心の育成と規範意識の涵養

めざす生徒像

「知・徳・体」を磨き人間形成を図るとともに、自らの進路を切り拓き、将来、郷土に貢献し、日本社会・国際社会のリーダーとなる生徒


T 経営の重点

1 学びの場の充実による教育の質的向上
 教育目標実現のため、すべての教員が積極的に教科指導、クラブ指導、学校行事等、学びの場を充実させることにより教育の質的向上を図り、生徒の人間形成と自立を促すとともに進路実現を図る。

2 生徒の教育課題克服
 学力向上、進路意識の育成、家庭学習の充実を図る。

3 教職員の資質向上
 授業力向上をめざし、すべての教員が研究授業等をとおして、指導法や評価のあり方について工夫・改善を図る。また、現職教育等を実施することにより資質向上を図る。

U 指導の重点

1 確かな学力の向上:「自ら学び考える力の育成」「思考力、判断力、表現力の育成」
 (1)授業の内容、指導方法と評価の工夫
   @「わかる授業」「力のつく授業」の実践
   A授業内容の理解と問題演習・意見発表等、主体的な学習活動を取り入れた授業づくり
    の研究と実践
 (2)学習の習慣化:家庭学習のための適切な課題の提示、レポート、小テストの実施
 (3)「朝の読書」の充実:読む力、考える力、表現する力を育み、学びを日常化する。
 (4)資格・検定取得奨励

2 進路指導の強化:「個々の能力を引き出し伸ばす」
 (1)キャリア教育の推進と充実→望ましい職業観・勤労観の育成
 (2)進路意識向上のためのガイダンス機能の充実
 (3)一人ひとりの個性や能力に応じた指導
 (4)主体的に進路を選択する能力の育成
 (5)コミュニケーション能力の育成
 (6)人間関係調整能力の育成

3 道徳教育の推進:「規範意識の涵養と良き社会人の育成」
 (1)人権を尊重し、協力し合う態度の育成
 (2)モラルや社会常識の体得
 (3)校則の遵守、遵法精神の涵養
 (4)基本的生活習慣の確立
   @挨拶・言葉使い等、正しいマナーの習得、遅刻防止、チャイム着席
   A身だしなみ指導の徹底
 (5)防災教育の推進

4 特色ある教育の推進:「ふるさと教育の充実」
「総合的な学習の時間」をとおして、郷土を愛し、我が国を愛する心を育み、郷土や日本社会に貢献する人材を育成する。

5 プログラミング教育の推進:「論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成」

6 クラブ活動の活性化:「健全な精神、健康な体の育成」

学校案内

    平成30年度          平成31年度

本校の沿革

   沿革を見る

歴代校長(新制高校発足後)

   歴代校長を見る

クラス数

   1年 2年 3年   
普通科  5  5 5 15 
                     平成30年4月現在     

学校施設

  新宮市のシンボルでもある神倉山の麓、磐上山下に位置し、約50,000uの広大で緑豊かな敷地の中に校舎があります。約4万冊の蔵書を誇る図書館、最新の機器が設置された情報処理室、宿泊・課外活動棟の『彩雲館』、約1,800人収容可能な体育館、武道館、全員が個室である寄宿舎等どれをとっても県下有数の施設・設備が整い、恵まれた環境の中で勉強できます。

 


スタッフ写真

 info.学校情報

和歌山県立新宮高等学校

〒647-0044
和歌山県新宮市神倉三丁目2番39号
TEL.0735-22-8101
FAX.0735-21-2901
→アクセス